ようこそ!プロフィールへ!

プロフィール

運営者名:樫尾 雅秀

年齢:41歳

住まい:岡山県 岡山市

家族:私・妻・長男(3歳)の3人家族

現在、私は妻と私、長男の3人暮らしです。

.
.
.
息子です。
妻です。
kasioです。
.
.
.

webに携わり10年になります。

今は、ブログ運営したり、自営業者さんの集客のお手伝いをしてます。

このサイトは、2018年3月からわたしKASIOがスタートさせました。

このプロフィールでは、そんな私KASIOについて少し語らせてもらいます。

どうぞ最後までお付き合いくださいね。

わたしについて

香川の静かな山村で生まれ、祖父母のいる、あたたかい家庭で育ちました。

近所に私と同じくらいの子供が少なく、祖父母と過ごしたり、家の周りの畑などで、ひとりで遊ぶことが多かったです。

その環境のせいか、ひとりでコツコツ、なにかを作ることが私の日常となりました。

学校は少し苦手で、正直、あまりパッとしない子供時代でした。

しかし、文章を書いたり、それを人前で発表すると、よく褒められました。

内気なわたしが学校内で輝ける数少ない瞬間でした。

私の恥ずかしいエピソードにこんなものがあります。

小4のとき、「ウケ狙い」で、女子の着替えをのぞくマネをしたことがあります。

とんでもないゲス野郎ね!!

決して、女子の着替えを覗きたかったのではなく、着替えが終わるのを、しずかに待つ男子達を活気づけたかったのだと思います。

へぇー そうなの、よくわからんことするね・・・

私は大人しいくせに、目立ちたいとか、人に喜ばれたい願望があるのを自覚してます。

このせいで誤解されるケースもあったし、人に関心を持たれやすい良い面もありました。

そして、担任にのぞきがみつかり、当然こっぴどく叱られました。

そして反省文を書かされました。

反省文を担任に見せたところ、

「よく書けてるね」
と褒められました。

「えっ?怒られたのに、ほめられた?」とうれしいのやら情けないのやら複雑な気持ちになりました。

色々な仕事を経験してきましたが、
  • 手作業でなにかを作る
  • 文章を書く(表現すること)

わたしの最大の強みであることが40にしてやっと腑に落ちるようになりました。

ようは自分は文章書くのが得意だよーって言いたいわけね。

クライアント様

 クライアント様は、私の自宅から自転車で訪問できる程度の距離の方々ばかりです。

学習塾や、理容室のオーナーさんの"お客さんを集める仕組み"を作るお手伝いをさせていただいております。

 

私の信念として、ホームページとはアクセス者の悩みや知りたいことを解決してあげるメディアと考えています。

 地方でスモールビジネスをしているクライアント様のホームページも、そうあるべきだと考えています。

 クライアント様は一つのビジネスを長く続けておられる方がほとんどです。

クライアント様自身は長年続けた、日々の業務が当たり前になっています。

日々の業務から得れた知識、体験談などが発信すべきことであることを忘れている場合が多いです。

その資産をホームページでわかり易く、読み易く発信し、検索者に喜んでもらえれば、ホームページの価値が飛躍的に跳ね上がります。

これからのSEOはいたってシンプル! ただ、検索者の役に立つ良質の記事を発信するだけ。

記事更新を頑張って、一緒に商売繁盛できるホームページを創りませんか。